日々のこと(2022/11/22)

3メートルくらいある庭の木を2メートルにカットした。蜂の溜まり場にされていたのでずっとできなかったがようやく。今朝はそのカットした木々をゴミ収集場へ持っていったのだが、木を捨てるときは1回に4束までと決まっているらしい。8束あるので2回に分けることに。木は短くなったけど、切った木がなくならないとスッキリしない。

 

気候がちょうどよく、ドンの散歩が気持ちいい。近所の公園を渡り歩くスタイルで、今はどこも落ち葉の数がすごい。ドンがその落ち葉の中にダイブしていって「お前もきて遊ぼうぜ」と誘ってくる。年甲斐もなく一緒に落ち葉絨毯の上をキャッキャッ走り回っていると、通勤中の女性に笑われたり、ウォーキング中のおじさんに睨まれたり。そういえば自分もおじさんの仲間入りをして、恥じらいというものがだいぶ減ったなと思う。そうはなるまいと思っていたおじさんに近づいているのかもしれないが、気楽でよいではないか。人に迷惑さえかけなきゃなんでもいいかな。

 

“とにかく量をこなすことで、質は上がっていく”というようなツイートがバズっていた。この仕事に関していえば、ただ量をこなすだけではすぐに頭打ちになるんじゃないだろうか。目の前にいる1人への施術から何かを学び取ろうとする意識、これがないと上達はしないと言い切れる(経験則)。質を追求しながら量をこなすことが大事…と偉そうに言いながらも、現在の私は頭打ち状態なんですけどね。『すごい治療家』と言われる人たちは皆、患者さんの体をパッと見ただけで施術ポイントがわかるという。わたしは、パッと見て「なんとなくあの辺りかな」くらいである。ポイント=点だとすると、わたしの場合は面である。点で見える先生に言わせれば「多くの解剖学書を読むことで自然と見えてくる」とのことで、まさに数をこなせばと受け取れるが、もちろんそんなわけがない。目的を設定して、ひとつひとつ確かめて、一歩進んで二歩下がるみたいな地道なことやっていくしかないですね。それしか方法分かりませんし。

 

最近、サイボーグ009を読み始めた。1巻から特に何の説明もなくサイボーグの彼らが活躍している。萩尾望都先生のあとがきに「刑務所から脱走してサイボーグに改造された」というところから始まると書いてあるのだけど、そんな場面がないのはこれが文庫版だからだろうか?

アマゾンのレビュー見てみたら親切な(?)レビュアーが“実際の009からの誕生のスタートではない。始めから知りたい人は4が事実上の1巻”と書いてくれていた。これから4巻読むところでした。

日々のこと(2022/11/20)

5時半に目が覚める。そのまま2度寝しようとも思ったが体を起こして少し考え事をしようとした。「何を考えようか…」という考え事。30代半ばにもなると、しっかり目標を決めて、強制的にやらざるを得ない状況を作らないとダラダラ時間だけが過ぎていくんですよね。「なんとなく」「流れに身を任せて」でいられる時間は愛おしいけども、そのまま向かう先に良いことはなかった人生の教え。考えることを何個か決めて、それについて考えるのはまた今度。おふとんから出て1階に降りるとドンが不機嫌そうに顔を出している。毎晩、お風呂に入る前に遊ぶのがルーティンだが昨日はそれをしなかったのが原因と思われる。本当に面白い犬です。

 

待ちわびて待ちわびて、待ちわびてることも忘れていたハンターハンターの新刊を読んだ。相変わらず一回じゃよくわからない。どうせ次巻が出るまで何度も読むことになるので問題はない。初読は「ハンターハンターを味わう」こと。それと「テータちゃん頑張れ」それだけでいいのです。

 

日曜は定休日。あってないような設定だけど一応あります。そんな日に予約の電話。年に1回か2回、忘れた頃にやって来る方であるが、自分で治す気がまったくと言っていいほどないのでやり辛い。来る理由はだいたい「腰痛」だが、それ以外に抱えている病が多く、病の数だけ服用してる薬も多い。その中には手技療法と相性の悪いものも入っていてそう伝えてもいるが、あまり聞いていない。「とにかく腰痛を治して欲しい」こと「ついでに自律神経を調整して他の病気も治してほしい」とのこと。「生活から変えないと現状から抜け出せませんよ」と言っているがやはり聞いていない。「自分では何もしたくないからアンタがやってくれ」という依頼にどうしたものかなぁと思いながらこれが7年くらい続いている。私自身も割り切ってしまえばいいのだけど、このまま年を重ねつづければ良くないことが起きるのは明白なので見過ごすのもなぁといった感じ。

 

中日ドラゴンズが今オフ活発的に動いているのです。あの不動の球団が。それを受けたドラゴンズファンがTwitterで阿鼻叫喚している様子を眺めていました。「攻撃力の補強が必要なのに野手を放出して投手を獲るとは何事か」ということ「主力級の中堅を放出」したことに対する反応のよう。正直なところ、私はこれらのトレードに関しては肯定的で「立浪よくやったな」とすら思っています。現状、ドラゴンズは低迷している。ただの低迷ではなく長期低迷している。冷静に考えて、球団はFA補強にお金を出さないことはわかっているし、外国人補強にすらしぶっている。そうなると若い選手を育成する以外に道はなく、その育成計画に中堅選手が障害になるだろうことに行き着くのは当然で、あとは決断と嫌われる覚悟があれば実行できる。それをできる監督が今までいないことで現状から抜け出せずにいたドラゴンズに「決断」と「覚悟」を持った人材が現れた。もちろん結果はどうなるかわからないけど、現状を打破するにはこれが最善というのは理解できるので辛抱して応援していこうと思った2022年のオフシーズン。

日々のこと(2022/11/19)

だんだんとおふとんから出るのが嫌になる気温になってきた。と思いきや、また気温が上がるのだと天気予報に載っているので「どないやねん」「はっきりせい」と言いたくなる。言いたくなるけど、関西人以外の関西弁は癪に触るので言わないようにしないといけない。

 

気温が低くなるにつれて心が不安定になるクライアントからの相談が増える。心に直接アプローチすることはできないが、体と心のつながりをよくすることはできる。体が整うと心も落ち着くものである。そして、こんな季節になれば不安定になるのは私も同じで、起きたら空虚感、仕事終わりも空虚感、寝る前に少しの失望感。仕事中は充足感があるが、なにが詰まっているのかよくわからない。気のせいかもしれないな。

 

こんな時に支えとなってくれるのは、私の場合は本と映画、そして音楽。90年代ドリカム、そしてaikoをずっと流している。カブトムシを聴いていると井口理のオールナイトニッポンへのゲスト回が聴きたくなるぞ。

 

犬(ドン♂)と住むモーニングルーティンは、シャッターを開ける→眩しそうな顔を寝床から出すドン→まだ寝ぼけている間にコーヒーメーカーをセット→ゲージから出して痒いところを私に擦り付けてくる→なでなでタイム→朝飯請求→食べてる姿を見ながらコーヒーを飲む→パソコンで諸々確認→散歩請求→1時間のお散歩へ。

 

ドンは今日も元気。先月末の捻挫騒ぎなんてなかったかのように。外に出れば全力ダッシュで徒歩0分の公園に飛び込んで行く。飛び込んですぐに踏ん張るドンを見守り、モリモリのうんちを確認して「今日も健康だな」と声をかける。声をかけると一応こちらをチラッと見るのだが、満足そうな顔をしているような気がする。その後、また全力ダッシュ。ドンと住み始めて1年4ヶ月になるが、この全力で走る姿を見るのが私の最大の楽しみで、その走行姿勢は本当に惚れ惚れする。ビーグルを飼うとなった時に「散歩が大好きだから大変」という話を聞いていたが、私も散歩が好きな人間で毎日ひとりで1時間ブラブラしていたのが、今はドンと1時間(日によっては1時間半)プラプラしている。「疲れた」とか「ちょっと休もう」とかもちろん言わないし、何だったら進めば進むほどテンションが上がっていくので最高の散歩パートナーと言える。唯一の不満点はイヤホンをしながら散歩できないことだろうか。

 

なんだか施術の制度が落ちている気がして体の使い方を復習している。肩関節で接続が切れている感じがするので修正したいのだが、なかなかうまくできない。PC作業が多過ぎただろうかと省みているが昔はもっとしていても大丈夫だったのに…とか考えるが歳をとっていることを計算に入れていないのは滑稽だな。三十半ばも過ぎたあたりから体の不具合は表在化し始める…という知識はあるけど実感がない。実感することは成長することにとって大事なこと。ちゃんと地に足がついたおじさんになりたい。

胆石の消失

コロナが日本に忍び寄ってきていたあたりの2年前の2月初旬、マスクしたほうがいいかな?なんて考えていたあの頃。私は背中の痛みを誤魔化しながら働く日々を送っていた。私にとって、お腹や背中の痛みというのは昔からよくあることであり、病院に行けば「何もありません」と言われて痛み止めを処方されて帰るのが子供の頃からのお決まり。最近は自分でケアすることですっかりなくなっていたものの、今回も久しぶりの“それ”だろうと思っていました。

 

が、しかし、異変は目と皮膚に現れました。全身真っ黄色。そう、黄疸です。その姿を見た私は「あ、もうダメだ…」こういう時に知識は私に絶望を与えます。背中の痛み、食欲不振、体重減少、そして黄疸…。膵臓、もしくは肝臓の病気だろうか…。おそらく、良くない類のものだろうな…。

 

救急へ連れて行かれ、即入院決定。抗生剤を打ってもらい、少し落ち着きます。改めてお医者さんから説明を受け、その段階では総胆管を何かが塞いでおり、肝臓がオーバーヒートして菌が全身に回ってしまっている状況。その何かがわからないので精密検査を行うとのこと。私自身、自分に胆石ができるなんてことは全く考えておらず、“なにか良くないもの”が塞いでいるのだろうと思い込んでいたので落ち込みました。そういう状態の方を何人か見てきていることが大きかったんでしょう。後で聞くと担当医師のかたも同じように思っていたようです。

 

と、悲劇のように書いてますが検査結果は胆石症。治療法は胆嚢の摘出。2ヶ月後に腹腔鏡手術をして胆嚢も問題なく摘出されて、これからは他人の身体だけでなく自分の体も大事にしなければいけないなぁ(施術感と身体感が大きく変わっていくきっかけになりました)。めでたしめでたし。

 

3ヶ月後。再検査。「ありますね…石」とお医者さん。「え?」と大きな声を出してしまう私。ということでまた入院。今度は内視鏡手術で一泊二日。なんてことだろう。もっと引き締めて運動食事など生活習慣を改めなければ…。

 

3ヶ月後。再検査。「またありますね…石」とお医者さん。「…」言葉が出ない私。そしてまた入院&内視鏡手術。看護師さんとも顔見知りになり「あらまた来ちゃったんですか?」「きちゃいましたー」「癖になってきてるのかなぁ」ク、クセ?

 

3ヶ月後。再検査。「またあるんですよね…石」とお医者さん。流石にこう何度も入院してられません。ここまで治療費で30万円ほどかかっている中で、コロナで仕事も影響受けまくっています。「ちょっと様子見ていいですか?」と聞くと「そうですよね…わかりました」お医者さんも申し訳なさそうにそう言ってくれました。

 

自分も治療家の端くれ。自分で治す方法を試してみよう。

 

まず、病院で処方された経口薬のウルソデオキシコール酸を3ヶ月朝昼晩2錠ずつ飲み続けてみました。3ヶ月後の再検査は、胆石はそのまま大きくもならず、場所を動くこともなく鎮座しているとのこと。
 
次に試すのは経絡ストレッチ。東洋医学でいう胆経と肝経のラインを伸ばすためのストレッチを3ヶ月やってみました。たぶんダメだろうなとは思いましたが、3ヶ月後の再検査ではもちろん鎮座。今の所、症状は特にありません。
 
次に試したのが鍼灸。誰か他のプロに治療を求めればよかったのでしょうが、どうしても自分でやりたかったので背中の施術ができない。手足のツボを使っての施術となりました。ということで3ヶ月後、鎮座でした。全力を出させてあげられなかった鍼灸にすまない気持ちです。この時にお医者さんから「このまま過ごしても変わらないままですし、また痛みが起きたら大変ですからそろそろ…」と手術をせっつかれますが「そうですね…でももうちょっと待ってください!」と半ば強引に帰ってきました。そろそろ結果が欲しいところです。
 
そして、結果の欲しいところで行なった最後の方法は身体均整法の「胆石疝痛の克復法」です。

第9胸椎右横突起の圧痛部に強圧をすることでお腹がグルグルとなりだし胆管が開いて石が流れていく。

と書いてあります。背中ですので手では無理です。足ツボ用に買ったゴルフボールをあったので、その部に当たるように床に仰向けになります。「ここら辺かな…ん?…あ、痛い!ここだ!」強圧すること1分。本当にグルグルとお腹がなり始めます。しかし、石が流れたかどうかなんてわかりません。とにかくこれを3ヶ月の間で何度もやってみました。そして再検査。「何故かですね…無くなってますね…」とお医者さん。「あ、本当ですか。良かったです」心の中では雄叫びガッツポーズ。こうして2年に渡る胆石との付き合いが終わりました。最初の緊急入院以降は特に症状もなかったので、手術も含めて本当に面白い経験となりましたし、良い勉強になりました。

 
ちなみに第4胸椎右横突起圧痛部に強圧すると胆管が収縮して逆効果になるとのことで注意が必要です。人間の身体、なんて面白いんだ。

『正しい腰痛のなおしかた』という恥ずかしいタイトルに手を出したら戻れなくなった

人の痛みをとったらお金が貰える仕事をしています。治療家…なんて大それた肩書きには抵抗がありますが、でも治療家です。そんな治療家あるある「自分自身が次のレベルに達したら、そのレベルではちょうどギリギリ手に負えないような案件が飛び込むようになっている」とのこと。その案件にぶつかると、苦戦する、虚勢を張る、項垂れる、開き直る、苦悩する、他人のせいにする、基本に戻る…基本ってなんだ。「自分の基本ってなんだ???」といよいよワケがわからなくなったときに書斎の本棚前で座り込むときに目に入る本がある。この仕事始めて最初の壁にぶつかったときに買った本…。その名も

 

 

なんて真っ直ぐなタイトル!これを読めば腰痛は治せるようになる!やったよ父さん!なんてわけにはいかないのだけど、今考えると学校卒業してからしばらくはバカみたいな施術を続けていたので、壁にぶつかるのは早かった(早くて助かった)。

 

 

 治療は最終的に理論的裏付け、つまり理由がなくてはなりません。私の個人的見解を示したこの本は脊柱が人体を解剖学的機能的に支えているという事実に基づいています。機能解剖というものが基本線であるべきだと私は考えています。

ーーレネ・カリエ

 


背骨が正常な状態での働きはどうか。誤った使い方をして損傷を受けたらどこに痛みを起こしうるのか。どのように損傷を受けて、どのように誤った使い方がなされているのか…。異常と向き合うには正常がどんなものであるかを理解していないといけないわけで、機械不良の機械の問題点を見つけて正す。そういうお仕事。それができてこそのプロなんだとカリエ博士に怒られている気分に。 

 

鍼灸学校で勉強していたつもりになっていた解剖学、生理学、等々。現場に出てから知識の足りなさに気づき、勉強不足が日に日に自分の首を占めていく。それではどうにもならないということで、基礎医学の勉強をゼロからスタート。そのゼロから始まった道は今になっても螺旋状に続いていて終わりが見えない。なんというものに手を出してしまったんだ。なんという道に進んでしまったんだ。『後悔』という感情が湧いていると同時に、何故か『楽しい』という矛盾。人間のありとあらゆるものを施術対象にしたいと思えてきている。人間のカラダのありとあらゆるものが知りたい…。もっと…もっとだ!解剖学関連の書籍をバカみたいに買っている。人間はバカになると楽しい。

 

書籍ごとに書いてあることが微妙に違うのが解剖学書。解剖する者の見る目も違えば、ひとりひとりのカラダも違うので当然なんだけども。私達は医者ではないのでカラダを切り開いたり、X線で中を見ることはできないから、あらゆるパターンの身体イメージを持っていないといけない。

 

腰痛において痛みを起こす組織は、筋肉、前縦靭帯、後縦靭帯、棘間靭帯、椎間板の外層輪状繊維、神経根、硬膜、椎間関節があるんだよとカリエ博士は優しく教えてくれているけれど、腰痛に対してどれだけの組織をイメージしながら施術してるかどうかで結果が大きく変わるから面白い。自分の中でイメージが増えてくると施術がどんどん面白くなってくる。私はよく施術中にため息をついて嫌がられるんですけど、アレ面白がってるんですよ。直さなきゃいけないなと思ってはいます。でも直せません、ごめんなさい。

 

私の膝が痛い

第1位 腰痛

第2位 肩こり

第3位 膝痛

 

これは治療院にやってくるお悩みベスト3ですが、60代以上に年代を絞ると1位は膝痛になります。私自身、膝痛というものになったことがなく、高齢の方々が痛がるのを「見る」しかできなかったのですが、ついに「感じる」ことができました。

 

痛めてしまってからも仕事の日々は続くので足を少し引きづりながら施術をしていたら「先生でも痛めたりするんですね」なんて言われて恥ずかしかったのですが、誰であろうとカラダに無理をさせたら壊れます。壊れる前の悲鳴が痛みなので治療家だろうが何だろうが正常なカラダを持っていれば悲鳴をあげます。悲鳴をあげてくれたカラダに感謝です。

 

さて、原因は「2週間で180度開脚!」というYouTubeの動画を見ながらのストレッチで無理を続けたこと。痛みの箇所は鶩足部で、膝の深い屈伸で激痛、浅い屈伸だと微痛、長時間座っていると立ち上がるのが困難。立ち上がりから数歩さえ我慢すればあとは普通に歩行可能。階段が辛くて、平家に憧れ始める。これはまさに、私の元にやってくる高齢の方たちの膝の痛み方とほぼ一緒。「これがあの人や、あの人が伝えたかった痛みかぁ…辛い…」と顔を浮かべながらしみじみ。明確な痛みが起きたのはストレッチを始めてから2週間。2週間で開脚目指していたのに、2週間後に膝を曲げることできなくなるという結末に苦笑しながらも、こいうときは自分の体を実験体にするのがこの職種の宿命。いざ!人体実験!

 

1 すべてのトレーニングを中止して48時間放置→変化なし

2 痛めている箇所に鍼を刺す→悪化

3 膝関節を徒手矯正→悪化

4 膝内側に手当て(1次呼吸?)→痛み5割減→翌日に戻る

5 自分で骨盤調整→痛み7割減→翌日に戻る

6 座位+臥位+立位で細かくセルフ骨盤調整をリトライ→7割減→戻りなし

7 以前に背骨調整のやり方を教えていた母親に依頼→痛み消滅

 

それから1週間再発なし。トレーニングで負荷もかけているが問題なし。要するに元気!ちなみに母は素人ですし、当然解剖学も何も知りません。簡単に教えただけでできてしまう母親が何者なのか、私の教え方がすこぶる上手なのか、昔からいろんな意味で感覚が鋭い人ではありますがよくわかりません。私が背中が痛くて辛かったときに、なんとなく手の触れ方と動かし方を教えたら、非常に気持ちのいいタッチだったので、それ以来、定期的にやってもらっています。 この年齢になって母の手の癒し効果を実感しています。

 

ちなみにYouTubeのストレッチは何も悪くない。「無理はしないでください」としつこく言っていたのを無視して続けた私が100%悪い。普段、患者さんにもストレッチやトレーニング方法を教えているが「無理はしないこと」「違和感や恐怖感を感じたら一度止めること」と言っているのに自分は守っていないという私が悪い。これが全てに通ずる「無理は禁物」ですね。